引き算メイクで、もっとキレイになりたいあなたへ

この記事の目次
1.メイクカラーのタブー
2.メイクにも「カラーカウント」があります。
3.まゆメイク・アイメイクの点数
4.チーク・リップメイクの点数
5.まとめ

今日で8月もおわり、もうそろそろ

秋の新色のメイクが気になる頃だと

思います。

さて、

あなたは、こんな経験をしたことはありませんか

いつも新色のアイテムが出るたびにチェックして
それを使ってメイクしているのに
いまいちパッとしない。

似合うメイクカラーがわからないので
新色を試したくても、一歩ふみだせず
いつも無難な色ばかり選んでしまう。

逆に、メイクに色を使いすぎてまとまりがなく
ごちゃごちゃしたイメージになってしまった。

メイクをするには、色のバランスが重要になってきます
もしかしたら、色を過剰に使っていませんか?
時には「引き算」することも大切ですよ。

メイクカラーのタブー

メイクカラーは強い色を合わせると
どうしても色同士が「ケンカ」します。
一例としましては・・・

1 ピンクの目元にオレンジのリップカラー
2 ブラウンの目元に鮮やかなピンクのリップカラー
3 濃い紫の目元に真っ赤なリップカラー

と言ったところでしょうか?

1の場合、オレンジのリップカラーを
生かしたいのならばグロスで色をおさえ
アイメイクはブラウン系を使いましょう。

2の場合、ブラウンのアイメイクを生かして
リップカラーは鮮やかな色から
サーモンピンクにチェンジ!!

3の場合は、紫のアイメイクを
うんと淡いパステルカラーにするか、

いっそのこと思い切って
ファンデーションの色に近い
ベージュにしてしまいましょう。

メイクにも「カラーカウント」があります。

実は、ファッションと同じように
メイクにも「カラーカウント」が
あるんですよ。

↓  ↓  ↓
ファッションのカラーカウントは、こちら

ファッションのカラーカウントとの
大きなちがいは、全部の点数を足して
合計10点になるようにするということです。

これ以上点数がふえますと
どうしても厚化粧に見えてしまうからです。

まゆメイク・アイメイクの点数

まずは、アイメイクの点数について
チェックしてみましょう。

アイブロウ(まゆメイク)は
ペンシルが3点、パウダーが2点
透明マスカラは0点として数えます。

アイシャドウは、グリーン系やブルー系は3点
パステル系と茶系は2点
ベージュのグラデーションは
0点として数えます。

アイラインは、色が入っていれば1点
ベーシックな黒や茶色は0点。

マスカラだと、ベーシックな黒や茶色は3点
透明マスカラは0点
・・・が基本なのですが、

ラメ入りは+3点、カラーマスカラは+1点
となります。

チーク・リップメイクの点数

チーク(ほお紅)は、+1点ですが
濃いめに入れれば、さらに1点加算されます。

リップカラーは、
赤だと4点、オレンジ・ピンクは3点。

なじみのよいベージュ系の色や
グロスタイプは1点が基本ですが
これにラメが入れば+3点。

リップペンシルでラインをとれば
さらに+1点が加算されます。

ポイントメイクをきめるときには
目元と口元どちらの色を生かすのかを
考えることで、ミスマッチがへってきます。

まとめ

ファッション同様、メイクの「色の数」も
お顔の印象を大きく左右します。
ふだん、どのくらい色を使ってメイクをしているのか
ぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

もっとくわしく知りたい方は
こちら

↓  ↓  ↓

「明日着ていく服が見つからない」を
解決する
小田急線沿線、湘南台駅近くの
カラーコーディネートサロン
ジヴェルニー

True Color’s Creator お問い合わせフォーム