似合う色のネクタイ、選び方のヒケツ(1)

この記事の目次
1.春(スプリング)と夏(サマー)の色みの共通点・違う点
2.ネクタイでのチェック方法
3.まとめ

こんにちは!パーソナルカラーリストの竹本です。

前回、パーソナルカラーでは肌の色を中心に
見ていくというお話をいたしました。

お洋服選びで失敗しない!!似合う色を見分けるときのポイント
この記事の目次 1.似合う色とは、そもそも何? 2.服選びは、自分の肌色にあったものを 3.なぜこのようなことが起こるのか 4.まと...

お肌の色タイプが違えば、
インナーの色1つ選ぶにしても、似合う色が
ガラッと変わってしまうというお話をしましたが

今回は、セミナーでよく出るご質問の
1つ、春と夏の色の違いをネクタイの色で
より具体的にお伝えしていきます。

春(スプリング)と夏(サマー)の色みの共通点・違う点

パーソナルカラーでは、色を4つの季節に分類します。

春(スプリング)と夏(サマー)の色みの共通点は
「明るい」ということ。

セミナーではスイーツを例に春の色はゼリーなのに対し
夏の色はシャーベットとご説明します。

下のお写真を見るとパッとみてクリアな明るい色が
並んでいるように見えると思いますが、
いかがでしょうか?

実はこれが春の色の特徴なのです。

夏の色ですと、春の色よりも少し白みがかったトーン
(トーンとは、明るさと鮮やかさなどが合わさった
色の持つ雰囲気のこと)になります。

一方、春と夏の色みの違いはベースカラーといって
同じ色の中に黄色が入っているか、
青が入っているかで見分けられます。

例えばバラ花の赤と、朱肉の赤では、
色のトーンは違って見えませんか?

春の色はすべての色に黄色が含まれているグループ
夏の色はすべての色に青色が含まれているグループなのです。

ネクタイでのチェック方法

それでは、お手持ちのネクタイの色をもとに
ご自分にはどちらのベースカラーが
お似合いなのかを見てみましょう。

用意するネクタイは、この2色
●明るいベージュ

●ブルーグレー(灰色がかった水色)

できれば白いYシャツの上に合わせるように、
この2色を交互に試着してみて
鏡でお顔の印象を比べてみてください。

春のタイプには、ブルーグレーは寂しすぎます。

そして夏のタイプは確実に、
ブルーグレーで爽やかな雰囲気に仕上がります。

このブルーグレーがハマるっていうのは、
他にはない夏のタイプの
特権なんですね。

まとめ

春と夏の色には明確な違いがあるので
次にネクタイを選ぶときには
意識してみてくださいね。

☆☆―☆☆―☆☆―☆☆―☆☆―☆☆―☆☆
「True Color’s Creatorお問い合わせフォーム」

「ブログは、コチラ 」
藤沢市湘南台駅近くのカラーコーディネートサロン|True Color’s Creator
日頃、「オシャレは面倒くさい」と感じている 士業・講師業のあなたへ
――――――――――――――――――――――――
藤沢市湘南台駅近くのカラーコーディネートサロン
True Color’s Creator
竹本 順子